国際ライフサイエンス株式会社

江戸川病院の明星智洋先生を講師にコロナ禍における​医療機関・地域医療の現状に関する勉強会を開催いたしました

2021年3月23日(水)、2次救急指定病院である江戸川病院で血液内科医として診療なさっている明星智洋先生をお招きして、コロナ禍における​医療機関・地域医療の現状に関してご講演をいただきました。

新型コロナウイルス感染症の流行による、病院の勤務体制や患者さんの受け入れ体制の変化の他、地域のかかりつけ医や医師会との連携状況の変化や製薬企業との関わりの変化について詳しくお伺いでき、医療現場で起きている変化や課題の理解に繋がりました。また、新型コロナウイルス感染症患者さんの対応を実際に行う、医療関係者の方へ改めて感謝し、より一層感染対策に努めたいと感じました。

新型コロナウイルス感染症の影響はまだしばらく続くため、今後も医療機関や地域医療の変化や課題について情報収集、分析を行い、社会の変化を的確に捉えていきたいです。

写真:明星智洋先生(江戸川病院腫瘍血液内科部長 兼 プレシジョンメディスンセンター長など多数要職をご兼任)

  • お問い合わせ
  • 03-3669-4722

Page Top