国際ライフサイエンス株式会社

済生会横浜市東部病院・薬剤部の菅野浩先生を講師に診療報酬改定による急性期病院の変化に関する勉強会を開催いたしました

2021年2月25日(木)、地域医療に詳しい済生会横浜市東部病院・薬剤部の菅野浩先生から、2020年の診療報酬改定、そしてコロナ感染症流行による急性期病院の変化についてリモートでご講演いただきました。

菅野先生には、タスク・シェアリング/タスク・シフティングのためのチーム医療の推進や薬薬連携、ICTの活用に関する実際の取り組みとして、病棟薬剤師常駐化やPBPMの運用、ポリファーマシーの調整方法などをご紹介いただきました。現場で活躍される菅野先生からお話を伺うことで、薬剤師の先生方の業務の変化や地域の薬局や医療機関との関係性の変化を学ぶことができました。

また、地域フォーミュラリーを導入した場合の、医薬品の処方の変化に関する想定についてもご解説いただき、フォーミュラリーの導入による薬剤選択への影響や、導入によるメリットを理解することができました。

写真:菅野浩先生(済生会横浜市東部病院薬剤部長)

 

  • お問い合わせ
  • 03-3669-4722

Page Top